マイナビ キャリアリサーチLab

マイナビ 2020年卒 学生就職モニター調査 2月の活動状況

就職活動に対し不安がある学生の割合は91.9% 

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年卒の学生を対象にした『2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況』を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。

調査概要

内容 2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 2月の活動状況
調査期間 2019年2月25日~2019年2月28日
調査対象 2020年卒業予定の全国大学3年生及び院1年生のモニター会員
調査方法 2020年卒業予定の全国大学3年生及び院1年生のモニター会員に配信し、Web上のアンケートフォームで回収
有効回答数 2,810名

TOPICS

就職活動に対し不安がある学生の割合は91.9%

現時点で就職活動に対し不安がある学生の割合は91.9%で、ほとんどの学生が不安を抱えている状況だった。不安がある割合は女子の方が男子より若干高かった。不安に思う要因で最も選択されたのは「面接でうまく話せるか(75.4%)」、次が「志望企業から内々定をもらえるかどうか(73.5%)」だった。次いで、「交通費などの金銭的負担が大きい」「エントリーシートなどの負担が大きい」「1つでも内々定をもらえるかどうか」などが続いた。

先輩と比較して「厳しくなる」という回答が増加

先輩と比較して、自分たちの就職活動が「(かなり+多少)厳しくなる」と回答したのは25.8%と約4人に1人の割合だったのに対し、「(かなり+多少)楽になる」と回答した割合は10.5%で、厳しくなると考えている学生の方が多かった。厳しくなると思う理由としては「気持ちが焦るから(40.4%)」、「企業によって、就活スケジュールが大きく違いそうだから(37.2%)」など、漠然としたものを挙げる割合が高かった。まだ就職情報サイトのエントリー受付が始まっておらず、個別企業のセミナーも本格的には始まっていない段階であり、先行きが見えないせいだと考えられる。

有効回答数内訳 文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 総計
人数 564 703 761 782 2,810

バックナンバー

就職活動

調査・データ

マイナビ 2019年卒 学生就職モニター調査 8月の活動状況

就職活動

調査・データ

マイナビ 2019年卒 学生就職モニター調査 7月の活動状況

就職活動

調査・データ

マイナビ 2019年卒 学生就職モニター調査 6月の活動状況

同カテゴリの調査一覧