マイナビ キャリアリサーチLab

2023年9月度 中途採用・転職活動の定点調査

社内副業を行っている企業に対して「応募/入社意欲が高まる」求職者は約7割。
ミドルシニアほど本業以外でのやりがいやスキルアップを目的に考えている

◆ 調査概要

内容 中途採用・転職活動の定点調査
調査期間 <企業調査>:2023年10月2日~6日
<個人調査>:2023年10月2日~6日
調査対象  <企業調査>
・スクリーニング調査:従業員数3名以上の企業に所属している全国の経営者・役員または会社員で、中途採用業務を担当している人
・本調査:上記のうち、前月採用活動を行った人、今後3か月で採用活動を行う予定の人
<個人調査>
・スクリーニング調査:従業員数3名以上の企業に所属している全国の20-50代の正社員
・本調査:上記のうち、前月転職活動を行った人、今後3か月で転職活動を行う予定の人(3か月以内に中途入社した人を除く)
調査方法 外部パネルによるインターネット調査
有効回答数 <企業調査>
スクリーニング調査:2,219名 本調査:860名
<個人調査>
スクリーニング調査:22,103名 本調査:1,382名

◆ TOPICS

  • 直近で中途入社者がいた企業は25.1%で前年同月比+3.6pt増加。中途入社率の高い業種は、「医療・福祉・介護(34.1%)」。
  • 9月に転職活動を行った求職者は4.6%。全体では「給与を高くしたい」の理由が前月・前年同月比ともに増加。
  • 社内副業を行っている企業に対して「応募/入社意欲が高まる」求職者は約7割。ミドルシニアほど本業以外でのやりがいやスキルアップを目的に考えている。

◆ 調査詳細

直近で中途入社者がいた企業は25.1%で前年同月比+3.6pt増加。中途入社率の高い業種は、「医療・福祉・介護(34.1%)」。

23年9月に中途での新たな入社者がいた企業は全体で25.1%。前月比+3.6pt、前年同月比+2.1ptと増加した。【図1】中途入社率の高い業種は、「医療・福祉・介護(34.1%)」が最も高く、「運輸・交通・物流・倉庫(33.3%)」、「IT・通信・インターネット(32.4%)」と続いた。【図2】

【図1】直近(前月)に中途入社者がいた企業 / マイナビ中途採用・転職活動定点調査(2023年9月)
【図2】業種別直近中途入社者がいた割合 / マイナビ中途採用・転職活動定点調査(2023年9月)

9月に転職活動を行った求職者は4.6%。全体では「給与を高くしたい」の理由が前月・前年同月比ともに増加。

9月に転職活動を行った求職者の割合は4.6%で、前月比+0.2pt、前年同月比+0.7ptと微増した。性年代別で見ると、男性30代が8.2%と最も高かった。【図3】。転職活動を行った理由を聞いたところ、「給与を高くしたい(32.6%)」が最も高く、また前月比(+3.7pt)、前年同月比(+3.8pt)ともに増加していた。【図4】

【図3】性別年代別の直近に転職活動を行った求職者 / マイナビ中途採用・転職活動定点調査(2023年9月)
【図4】転職活動を行った理由 / マイナビ中途採用・転職活動定点調査(2023年9月)

社内副業を行っている企業に対して「応募/入社意欲が高まる」求職者は約7割。ミドルシニアほど本業以外でのやりがいやスキルアップを目的に考えている。

求職者に対して、企業が社内副業を行っていた場合に応募・入社意欲が上がるかを聞いたところ、67.3%が応募・入社意欲が高まると答えた。【図5】社内副業によって期待する効果は大半が「副収入」であったが、40-50代のミドルシニア層でスキルアップややりがいの項目も比較的高かった。【図6】

【図5】社内副業を行っている企業に対する応募/入社意欲 / マイナビ中途採用・転職活動定点調査(2023年9月)
【図6】社内副業を行った場合に期待する効果 / マイナビ中途採用・転職活動定点調査(2023年9月)

◆ INDEX

【TOPICS】
・企業・正社員の動向概要
【企業調査】
・中途採用活動を行った企業の動向
・今後3か月以内に中途採用活動を行う企業の動向
・中途採用活動を行わず、今後も予定のない企業の動向
・中途入社者がいた企業の動向
・社外副業/社内副業について
【個人調査】
・転職活動を行った正社員の動向
・今後3か月以内に転職活動を行う正社員の動向
・転職活動を行わず、今後も予定のない正社員の動向
・中途入社した正社員の動向
・社外副業/社内副業について

詳しくはPDFデータをご覧ください

同一調査一覧