マイナビ キャリアリサーチLab

2022年4月度
中途採用・転職活動の定点調査

U/J/Iターンに興味がある理由は「自分に合った生活様式や趣味を活かした暮らしがしたい」ため。半数以上が「給与が下がる」ことへ不安

◆ 調査概要

内容 中途採用・転職活動の定点調査
調査期間 <企業調査>:2022年5月2日
<個人調査>:2022年5月2日~4日
調査対象  <企業調査>
・スクリーニング調査:従業員数3名以上の企業に所属している全国の経営者・役員または会社員で、中途採用業務を担当している人
・本調査:上記のうち、前月採用活動を行った人、今後3か月で採用活動を行う予定の人
<個人調査>
・スクリーニング調査:従業員数3名以上の企業に所属している全国の20-50代の正社員
・本調査:上記のうち、前月転職活動を行った人、今後3か月で転職活動を行う予定の人(3か月以内に中途入社した人を除く)
調査方法 外部パネルによるインターネット調査
有効回答数 <企業調査>
スクリーニング調査:2,246名 本調査:854名
<個人調査>
スクリーニング調査:20,392名 本調査:1,358名

◆ TOPICS

  • 4月の企業の中途採用活動実施率、業種別では「医療・福祉・介護」がトップ。前月比で「フードサービス」「レジャー」の伸びが顕著。
  • 4月の正社員の転職活動実施率は前月比で減少、応募した業種は「IT・通信・インターネット」が最も高く、次いで「メーカー」、「不動産・建設・設備・住宅」となった。
  • 企業のテレワークを活用した遠隔に住む人材採用、業種別では「IT・通信・インターネット」「金融・保険、コンサルティング」が特に積極性が高めとなった。
  • U/J/Iターンに興味があるが未実施者において、テレワークを活用希望が高い傾向。
  • U/J/Iターンに興味がある理由は「自分に合った生活様式や趣味を活かした暮らしがしたい」ため。半数以上が「給与が下がる」ことへ不安。

◆ 調査詳細

4月の企業の中途採用活動実施率、業種別では「医療・福祉・介護」がトップ。前月比で「フードサービス」「レジャー」の伸びが顕著。

・4月の企業の中途採用活動実施率は40.8%(前月比:1.3pt減)。【図1_1】
・業種別の実施率では、「医療・福祉・介護」が最も高く54.0%。次いで「IT・通信・インターネット」が53.0%、「フードサービス」が52.5%となった。【図2】
・中途採用活動を実施した理由は、「退職者・休職者の補填」が最も高く47.6%、次いで「年齢など人員構成の適性化」が41.0%となった。【図3】

【図1】 企業の中途採用実施率・正社員の転職活動実施率

企業の中途採用実施率・正社員の転職活動実施率/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

【図2】 業種別 企業の中途採用活動実施率

業種別 企業の中途採用活動実施率/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

【図3】 企業の中途採用活動実施理由・上位(複数回答)

企業の中途採用活動実施理由・上位/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

4月の正社員の転職活動実施率は前月比で減少、応募した業種は「IT・通信・インターネット」が最も高く、次いで「メーカー」、「不動産・建設・設備・住宅」となった。

・4月の正社員の転職活動実施率は4.4%(前月比:0.3pt減)。【図1】
・転職活動実施者が応募した業種は、「IT・通信・インターネット」が最も高く24.3%、次いで「メーカー」が23.9%、「不動産・建設・設備・住宅」が13.2%となった。【図4】
・転職活動を実施した理由は、「給与を高くしたい」が最も高く55.1%、次いで「将来性のある会社、業界で働きたい」が34.3%となった。【図5】

【図4】応募した職種(複数回答)

応募した職種/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

【図5】正社員の転職活動実施理由・上位(複数回答)

正社員の転職活動実施理由・上位/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

企業のテレワークを活用した遠隔に住む人材採用、業種別では「IT・通信・インターネット」「金融・保険、コンサルティング」が特に積極性が高めとなった。

・コロナ禍前と比較して、「Uターン希望者が増えた」と回答した企業は21.4%となった。【図6】
・ テレワークを活用した遠隔に住む人材採用について、「コロナ禍以前から積極的に実施している」は26.2%、「コロナ禍で採用活動を強化した」は25.5%となった。業種別では、「IT・通信・インターネット」「金融・保険、コンサルティング」が特に積極性が高めとなった。【図7】

【図6】コロナ禍前と比較したU/J/I ターン希望者の増減(単一回答)

コロナ禍前と比較したU/J/I ターン希望者の増減/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

【図7】テレワークを活用した遠隔に住む人材採用への積極性(単一回答)

テレワークを活用した遠隔に住む人材採用への積極性/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

U/J/Iターンに興味があるが未実施者において、テレワークを活用希望が高い傾向。


・正社員にU/J/Iターンへの興味を聞いたところ、「興味があり実施にUターンした」は10.3%、未実施だが「Uターンに興味あり」は12.9%となった。若年層ほど、U/J/Iターンへの興味が高いようだ。【図8】
・U/J/Iターンをした人の実現方法は「転職をし、勤務地を変えることで実現」が最も高く約半数、次いで「会社を変えずに、転勤によって実現」が22.3%、「会社を変えずにテレワークすることで実現」が20.0%となった。一方、U/J/Iターンに興味があるがしてない人の希望実現方法は「転職をし、勤務地を変えることで実現」が最も高く44.9%、次いで「会社を変えずに、テレワークすることで実現」が21.0%、「転職をし、テレワークすることで実現」が16.1%となっており、テレワーク活用希望の高さが窺えた。【図9】

【図8】U/J/Iターンに興味があるか(単一回答)

U/J/Iターンに興味があるか/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

【図9】U/J/Iターンの実施方法(単一回答)

U/J/Iターンの実施方法/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

U/J/Iターンに興味がある理由は「自分に合った生活様式や趣味を活かした暮らしがしたい」ため。半数以上が「給与が下がる」ことへ不安。

・U/J/Iターン実施者の興味があった理由、未実施者の興味がある理由ともにトップは「自分に合った暮らし(生活様式、趣味)がしたい」となった。実施者では次いで「家庭の事情(親の世話など)」「友人や親族、協力してくれる支援者がいる」が続くが、未実施者では「自然環境が豊か」「生活環境が充実する」が上位にあげられている。【図10】
・U/J/Iターンを考える際の不安で最も高かったのは「給与が下がる」で50.9%、次いで「仕事に就けるか心配」が41.6%、「求人数そのものが少ない」が36.1となった。【図11】

【図10】U/J/Iターンに興味がある理由(複数回答)上位

U/J/Iターンに興味がある理由/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

【図11】U/J/Iターンを考える際の不安(複数回答)上位

U/J/Iターンを考える際の不安/中途採用・転職活動の定点調査(2022年4月度)

◆ INDEX

【TOPICS】
・企業・正社員の動向概要
【企業調査】
・中途採用活動を行った企業の動向
・今後3か月以内に中途採用活動を行う企業の動向
・中途採用活動を行わず、今後も予定のない企業の動向
・中途入社者がいた企業の動向
【個人調査】
・転職活動を行った正社員の動向
・今後3か月以内に転職活動を行う正社員の動向
・転職活動を行わず、今後も予定のない正社員の動向
・中途入社した正社員の動向

詳しくはPDFデータをご覧ください

同一調査一覧

調査・データ

2022年10月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年9月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年8月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年7月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年6月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年5月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年4月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年3月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年2月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2022年1月度
中途採用・転職活動の定点調査

調査・データ

2021年12月度
中途採用・転職活動の定点調査

同一調査一覧をもっと見る

閉じる