マイナビ キャリアリサーチLab

2021年1月度 アルバイト・パート平均時給レポート

1月の全国平均時給は1,106円。2年7カ月ぶりに前年同月比が減少。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、アルバイト募集時の平均時給データ(2021年1月度)を発表しました。本調査は、アルバイト・パート求人情報サイト『マイナビバイト』(https://baito.mynavi.jp/)に掲載された求人広告データを集計したものです。

◆調査概要

調査期間 2021年1月1日~1月31日
集計対象 弊社アルバイト情報サイト『マイナビバイト』に掲載された求人情報から、除外対象データを除き集計。※除外対象:給与区分が時給以外、給与金額が3,001円以上、雇用形態がアルバイト・パート以外
エリア区分 全国47都道府県
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県
関西:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
北海道・東北:北海道、宮城県、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県
甲信越・北陸:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県
中国・四国:広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県
九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

◆ TOPICS

1月の全国平均時給は1,106円(前月1,129円、前年同月1,114円)となり、前月比・前年同月比ともに減少した。全国平均時給が前年同月比を割るのは2年7カ月ぶり(31カ月ぶり)となる。
2度目の緊急事態宣言の影響もあり、時給相場の高い首都圏を中心に求人数が減少していること、また人手不足の緩和から時給の引き上げを行う企業が減っているため、全体の平均時給も前年同月比で下がったと考えられる。【図1】

【図1】全国平均時給推移

エリア別平均時給の前月比は、7エリア中すべてのエリアにおいて減少となった。前年同月比では7エリア中2エリア「関東」「甲信越・北陸」が増加、5エリア「関西」「東海」「北海道・東北」「中国・四国」「九州・沖縄」は減少した。【図2】

【図2】エリア別平均時給表

職種別平均時給の前月比では16職種(大分類)中、6職種が増加、10職種が減少。前年同月比では16職種(大分類)中、4職種が増加、11職種が減少、1職種が横ばいとなった。【図3】

【図3】全国職種別平均時給表

都道府県別平均時給では、最も高かったのが東京都の1,279円(前月1,314円、前年同月1,242円)、最も低かったのが青森県の856円(前月890円、前年同月902円)となった。

【図4】都道府県別平均時給(一部抜粋)

◆ INDEX

1.全国概要
2.都道府県別平均時給
3.エリア別詳細(職種別平均時給、月別平均時給推移)

バックナンバー

調査・データ

2020年12月度 アルバイト・パート平均時給レポート

調査・データ

2020年11月度 アルバイト・パート平均時給レポート

調査・データ

2020年10月度 アルバイト・パート平均時給レポート

同カテゴリの調査一覧