マイナビ キャリアリサーチLab

属性別中途関連調査2017年版(早期退職者に関する調査)

退職考え始めのタイミングは入社して半年~1年以内で上昇。退職告知のタイミングは入社して1年半~2年半以内で上昇。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、20~35歳男女で、勤続年数が1年~3年未満の経験がある早期退職者600名を対象にした、属性別中途関連調査2017年版(早期退職者に関する調査)を発表した。

◆ 調査概要

内容 属性別中途関連調査2017年版(早期退職者(勤続年数1年~3年未満)に関する調査)
調査期間 2017年9月1日~9月4日
調査対象 最終学歴が大卒以上で正社員として勤務している25歳~35歳の男女で、直近2年以内に転職経験があり、現在の年収が600万円以上の方
調査方法 インターネット調査
有効回答数 600名

◆ TOPICS

  • 退職を「考え始めた」タイミングは、「入社して半年~1年以内」に退職を考え始める割合が最も多く23.5%、次いで「1年半~2年以内」(21.3%)。退職を「会社に告知した」タイミングは、「入社して1年半~2年以内」が最も多く約3割。【図1】【図2】
  • 退職を考え始めたキッカケの複数回答では、「収入」「職場の雰囲気・業務環境」「休日・労働時間・残業時間」が3割前後で上位。一方、単一回答では複数回答のTOP項目である「収入」の他に、「家庭の事情」が上位にあがっている。【図3】

【図1】退職を「考え始めた」タイミング

【図2】退職を「会社に告知した」タイミング

【図3】退職を考え始めたキッカケ

◆ INDEX

1,退職を「考え始めた」タイミング、「会社に告知した」タイミング
2,退職した会社の入社の決め手
3,退職を考え始めたキッカケ、退職を考え始めたキッカケの理由(自由回答)
4,退職を最終決断したキッカケ、退職を最終決断したキッカケの理由(自由回答)
5,退職決意が変わる可能性の有無、退職決意を覆す可能性のある要素(自由回答)
6,退職した会社の改善されるべき要素

詳しくは下のPDFデータをご覧ください

バックナンバー

調査・データ

属性別中途関連調査2017年版(採用辞退に関する実態調査)

調査・データ

属性別中途関連調査2017年版(ハイクラス層の転職実態調査)

調査・データ

属性別中途関連調査2016年版(素材・資源・公共インフラ業界の転職意識調査)