マイナビ キャリアリサーチLab

属性別中途関連調査2014年版(Uターン転職に関する実態調査)

Uターン転職の満足度は「やや満足」が最も高く36.0%、20代では「非常に満足」が全体と比較して高い。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、属性別中途関連調査2014年版(Uターン転職に関する実態調査)を発表した。

調査概要

内容 属性別中途関連調査2014年版(Uターン転職に関する実態調査)
調査期間 2014年11月12日~11月14日
調査対象 Uターン転職経験の有る正社員20~39歳の男女
調査方法 インターネット調査
有効回答数 500名(20代:150名、30代前半:175名、30代後半:175名)

◆TOPICS

  • Uターン転職をした理由では、全体で地元の方が生活環境が充実するから(27.0%)で最も高くなった。20代では地元が好きで地元に貢献したかった(31.3%)で全体と比較しても高い。【図1】
  • 【Uターン転職先を探す際に利用した手法では、ハローワーク(46.8%)、次いで転職サイト(34.8%)となった。20代では転職サイト(44.7%)と全体と比較して高い。【図2】
  • Uターン転職の満足度は、やや満足(36.0%)となり、20代では非常に満足(20.7%)となった。Uターン転職後に満足していることは、家族が喜んだ(41.2%)で最も高く、次いで趣味・余暇などの場・時間が充実した(32.8%)、生活の利便性が良くなった(24.0%)の順となっている。【図3】【図4】

【図1】Uターン転職をした理由

【図2】Uターン転職先を探す際に利用した手法

【図3】Uターン転職の満足度

【図4】Uターン転職後に満足していること

◆INDEX

1,Uターン転職をした理由
2,Uターン転職をする際に希望した企業の特徴
3,Uターン転職活動中の不安
4,Uターン先企業への転職社数およびUターン転職時の年齢
5,Uターン転職先を探す際に利用した手法
6,Uターン転職の満足度、満足していること
7,Uターン転職した直後の年収

詳しくは下のPDFデータをご覧ください

バックナンバー

調査・データ

属性別中途関連調査2014年版(女性の働く意識に関する実態調査)