マイナビ キャリアリサーチLab

属性別中途関連調査2016年版(建設・不動産業界における転職意識調査)

平均年収は、不動産開発・流通業界の567.9万円が最も高く、転職先を決めるポイント1位は「休日が適正に取れて生活にゆとりができる」。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、建設・不動産業界に正社員として勤めており、転職意向のある男女330名を対象にした、属性別中途関連調査2016年版(建設・不動産業界における転職意識調査)を発表した。

◆ 調査概要

内容 属性別中途関連調査2016年版(建設・不動産業界における転職意識調査)
調査期間 2016年1月6日~1月12日
調査対象 建設・不動産業界に正社員として勤めており、転職意向のある男女
調査方法 インターネット調査
有効回答数 330名(18~29歳:92名、30~34歳:116名、35~39歳:122名

◆ TOPICS

  • 平均年収では、不動産開発・流通業界の567.9万円が最も高く、次いで不動産サービス業界で403.8万円、住設・建設資材業界で402.9万円。不動産開発・流通業界の転職先を決めるポイント1位は「休日が適正に取れて生活にゆとりができる」。【図1】【図2】【図3】

【図1】不動産開発・流通業界

【図2】不動産サービス業界

【図3】住設・建設資材業界

◆ INDEX

1,詳しく知りたくなる求人情報
2,転職先を決めるポイント
3,仕事のやりがい
4,業界分類別の平均年収、詳しく知りたい求人情報、転職先を決めるポイント、仕事のやりがい

詳しくは下のPDFデータをご覧ください

バックナンバー

属性別中途関連調査2016年版(流通・小売・運輸業界における転職意識調査)

調査・データ

属性別中途関連調査2016年版(流通・小売・運輸業界における転職意識調査)

調査・データ

属性別中途関連調査2015年版(ものづくり業界における転職意識調査)

調査・データ

属性別中途関連調査2015年版(Uターン転職に関する実態調査)