マイナビ キャリアリサーチLab

属性別中途関連調査2015年版(女性の働き方に関する調査)

女性の転職イメージでは、『出産後の転職は難しい』が5割を超え、次いで『女性は不利』が4割超。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、転職意向のある正社員として働く20~39歳で転職意向のある女性480名を対象に、属性別中途関連調査2015年版(女性の働き方に関する調査)を発表した。

◆ 調査概要

内容 属性別中途関連調査2015年版(女性の働き方に関する調査)
調査期間 2015年3月13日~3月16日
調査対象 正社員で勤務する20~39歳の女性で転職意向のある方
調査方法 インターネット調査
有効回答数 480名(20~24歳:100名、20~29歳:130名、30~34歳:120名、35~39歳:130名)

◆ TOPICS

  • 女性の転職イメージでは「出産後の転職は難しい」(51.3%)、「女性は不利」(41.3%)、「ライフステージと大きく関わる」(38.5%)がTOP3。転職に対して、女性特有の悩みや課題が多いことが推測される結果に。【図1】
  • 結婚後のキャリアビジョン(未婚でお子様がいない方に聴取)では、「出産するまで、正社員で働き続けたい」と「出産後も正社員で働き続けたい」が29.4%で同数。【図2】
  • 既婚者が現在の職場で長く働けないと思った理由の1位は、全体の1位(49.8%)と同じく「給与が上がらない/少ない」(49.6%)であるが、2位には全体で7位(20.6%)の、「仕事と家庭(生活)を両立できる制度・環境がない」(34.4%)が入る。【図3】

【図1】「女性の転職」に対するイメージ

【図2】結婚後のキャリアビジョン(未婚でお子様がいない方)

【図3】現在の職場で長く働けないと思った理由

◆ INDEX

1,結婚後のキャリアビジョン(未婚でお子様がいない方)
2,仕事のやりがい
3,理想の上司像
4,現在の職場で長く働けないと思った理由
5,「女性の転職」に対するイメージ
6,転職先に魅力を感じる制度や施設
7,求人情報重視点

詳しくは下のPDFデータをご覧ください

バックナンバー

調査・データ

属性別中途関連調査2014年版(Uターン転職に関する実態調査)

調査・データ

属性別中途関連調査2014年版(女性の働く意識に関する実態調査)