マイナビ キャリアリサーチLab

2023年総評
「正社員の平均初年度年収推移レポート」と「正社員の求人件数・応募数推移レポート」

2023年の平均初年度年収は456.6万円で、コロナ前の2019年平均から19.0万円増加
業種別で最も高いのは「IT・通信・インターネット」で518.4万円

本調査は、総合転職情報サイト『マイナビ転職』(https://tenshoku.mynavi.jp/)に掲載された求人の「平均初年度年収(未経験・経験者求人別)」、「求人件数・応募数」の推移を調査したものである。

調査概要

調査期間 2023年1月1日~2023年12月31日
集計対象 該当月における、総合転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載開始された求人情報から、下記除外対象データを除き集計
※除外対象:雇用形態が正社員以外
※厚生労働省「国民生活基礎調査 所得の分布状況」を元に、所得金額上側1%を本レポートでは外れ値として設定
計算方法 マイナビ転職では、初年度年収は各求人ごとに幅をもって記載されている。当レポートでは各求人に掲載されている初年度年収の下限と上限の中間の値を平均値として「初年度年収」を算出した。(例:マイナビ転職上で初年度年収が400万~550万円だった場合、当レポート上の1案件あたりの初年度年収は475万円と計算)
未経験者・
経験者募集求人
の区分方法
マイナビ転職内で設定されたコードに基づいて、以下のように区分した。
未経験者募集求人:職種・業種ともに未経験OKの求人
経験者募集求人:職種・業種いずれか、または両方の経験を問う求人
本社所在地
設定方法
マイナビ転職の求人内において、本社窓口として設定された県をもとにエリア区分を行った(不明分を除く)。
エリア区分 全国47都道府県
関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県
近畿:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
東海:愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
北海道・東北:北海道、宮城県、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県
甲信越・北陸:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県
中国・四国:広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県
九州・沖縄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

TOPICS

  • 2023年の正社員の平均初年度年収は456.6万円(未経験者求人:426.8万円、経験者求人:518.3万円)。コロナ影響前の2019年平均から19.0万円増、未経験者求人は7.7万円増、経験者求人は22.0万円増【図1、3】

  • 平均初年度年収が高かった業種1位は「IT・通信・インターネット」で518.4万円(前年差+4.6万円)。高い年収設定で高スキルの経験者を獲得しようとしている企業が多い【図4、5】

  • 未経験者募集求人の比率が高かった業種は、1位が「運輸・交通・物流・倉庫」で84.4%(前年差+0.2pt)。慢性的な人手不足や2024年問題への対策のため積極的に求人を行っていたと考えられる【図6、7】

2023年平均 全体の傾向

正社員の平均初年度年収は456.6万円(未経験者求人:426.8万円、経験者求人:518.3万円)。2022年平均と比較すると、全体では2.4万円増、未経験者求人は3.1万円増、経験者求人は4.1万円増となった。コロナ禍前の2019年から正社員求人における初年度年収は増加傾向にある。【図1】

【図1】正社員の平均初年度年収

平均初年度年収推移_総評

求人件数は2019年平均を基準として147.4%、2022年平均と比較して15.4pt増加した。3カ月ごとの推移をみると、2023年は年間を通して求人件数が増加し続けている。企業の中途採用意欲が高まっており、今後も転職市場は活発に動いていくと予想される。【図2】

【図2】2019年の年間平均を100%とした求人件数推移

求人件数推移_総評

求人の経験者/未経験者の募集比率は、未経験者求人が67.4%、経験者求人が32.6%だった。2022年平均と比べると、未経験者求人の比率が微増している。コロナ禍で2020年以降未経験者求人を取りやめる企業が増加した影響はいまだ残っていると考えられるが、未経験者求人比率には復調の兆しが見える。今後は更にIT化やDXが進む中で高度な技術を持つ人材のニーズが高まることが予想され、経験者/未経験者の募集比率にも影響が出ると考えられる。【図3】

【図3】求人の募集条件比率推移

募集条件比率_総評

2023年平均 初年度年収業種ランキング

正社員の平均初年度年収が高かった業種ランキングは、1位が「IT・通信・インターネット」で518.4万円(前年差+4.6万円)、2位が「金融・保険」で516.1万円(前年差+14.4万円)、3位が「コンサルティング」で501.5万円(前年差+8.1万円)となった。【図4】

また、未経験者求人(職種・業種ともに未経験で応募可能の求人)のみに絞ってみると、1位が「IT・通信・インターネット」で473.1万円(前年差+6.6万円)、2位が「不動産・建設・設備」で466.3万円(前年差+6.6万円)、3位が「コンサルティング」で464.6万円(前年差+5.4万円)となった。【図5】

【図4】2023年平均で正社員の初年度年収が高かった業種ランキング(上位)

初年度年収が高い業種_総評

【図5】2023年年間平均で【未経験者募集求人】が多かった業種ランキング(上位)

未経験求人で初年度年収が高い業種_総評

2023年平均 経験者・未経験者求人比率ランキング

年間で未経験者募集求人の比率が高かった業種ランキングは、1位が「運輸・交通・物流・倉庫」で84.4%、2位が「サービス・レジャー」で82.7%、3位が「環境・エネルギー」で81.9%だった。
運輸・物流業界では2024年4月から時間外労働の上限が960時間に制限され、「物流の2024年問題」として労働力不足が予想されている。「運輸・交通・物流・倉庫」業界では、未経験者の募集を積極的にすることで問題への対応を図っていると考えられる。【図6】

一方で、経験者募集求人の比率が高かった業種ランキングは、1位が「IT・通信・インターネット」で52.6%、2位が「メーカー」で40.2%、3位が「金融・保険」で40.0%だった。IT業界では、生成AIの急速な拡大をはじめ技術の革新スピードがさらに速まっており、それらに対応できる経験者を獲得しようとしている企業が多いようだ。【図7】

【図6】2023年年間平均で【未経験者募集求人】が多かった業種ランキング(上位)

未経験求人が多かった業種_総評

【図7】2023年年間平均で【経験者募集求人】が多かった業種ランキング(上位)

経験者求人が多かった業種_総評

担当者コメント

2023年は前年と比較し、企業は積極的に中途採用を行っている。総務省の労働力調査によると転職希望者は2023年7-9月平均で初めて1千万人を上回り、実質賃金が2023年11月まで20カ月連続でマイナスとなっているなか、賃金待遇の改善のために転職を考える人は今後も増加するのではないかと考えられる。
求人件数についても増加が続いており、2023年はコロナ禍前の2019年より約1.5倍の求人件数となった。転職をすることが身近になり、働く人は自身の希望に合わせて能動的に職場を選択できるようになりつつある。このように人材の流動性が高まっていることに加えて、少子高齢化により生産年齢人口(15~64歳人口)が減少しているため、今後企業の人手不足感はさらに高まると考えられる。そのため企業は、賃上げをはじめとした各種待遇の改善に注力し、人材獲得や定着に今後より一層取り組んでいくと予想される。

同一調査一覧