マイナビ キャリアリサーチLab

非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査(2021年5-6月)

新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことにより、「仕事探しにおける『勤務場所』の選択肢」は増え、仕事探しの意欲も増加傾向に

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、全国の15~69歳の男女(中学生を除く)(有効回答数:スクリーニング調査19,644名、本調査1,519名)を対象に実施した「非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査(2021年5-6月)」の結果を発表しました。※非正規雇用:アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託社員

◆ 調査概要

内容 非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査(5-6月)
調査期間 2021年7月1日~7月6日
調査対象 ・スクリーニング調査:全国の15~69歳の男女(中学生を除く)
・本調査:全国の15~69歳の男女(中学生を除く)のうち、3-4月に非正規雇用の仕事探しをした、もしくは新たに非正規雇用の仕事をはじめた人
調査方法 インターネット調査
有効回答数 スクリーニング調査:19,644名 本調査:1,519名

◆ TOPICS

2021年5-6月にアルバイトの仕事を探した割合は14.2%。21年3-4月より0.3pt微減した。学生が48.4%(21年3-4月比:+1.0pt)、主婦が17.2%(21年3-4月比:-1.1pt)、フリーターが20.2%(21年3-4月比:-3.2pt)、シニアが5.6%(21年3-4月比:-0.5pt)で、学生のアルバイト探しのみ微増した【図1】。 最も探されたアルバイトの職種は[販売・接客・サービス(28.4%)]、次いで[オフィスワーク(26.0%)]だった【図2】。

【図1-1】5-6月に非正規雇用の仕事を探した人の割合(回答数:19,644)

【図1-2】アルバイトの仕事を探した人の割合

【図2】アルバイトの仕事で探した上位8職種(回答数:1,204)

新たに仕事を探した際、「難しい」と感じた人はアルバイトで32.4%(3-4月比:+0.5pt)、派遣社員で34.8%(3-4月比:+1.2pt)、契約社員で53.3%(3-4月比:+13.6pt)、嘱託で41.2%(3-4月比:+4.4pt)とすべての雇用形態で増加した【図3】。特に、契約社員が大幅に増加しており、同時期に当社で実施した企業向け調査(※)でも、「ソフトウェア・通信」以外の業種が減少しており、契約社員の就業が難しくなっていると考えられる。

※非正規雇用に関する企業の採用状況調査(5-6月)「業種別 21年5-6月における企業の採用活動実施率」より

【図3】非正規雇用(アルバイト、派遣社員、契約社員)の新規就業について

新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことによる変化を聞いたところ、全体では「仕事探しにおける「勤務場所」の選択肢」が増えるが32.2%(「増える」+「どちらかといえば増える」)で最も高く、次いで「仕事探しの意欲」が増えるという回答が30.6%になった。一方、「飲食や宿泊やイベントなど、コロナ禍で影響を受けた業種での就労意欲」は減るという回答が最も多く15.4%(「減る」+「どちらかといえば減る」)となった【図4】。

「仕事探しの意欲」の変化の理由を自由回答でみると、増えるとした理由では「今より色々な職種や、業種の求人が増えそうだから」、減るとした理由では「応募殺到が起きて、採用されにくくなる」という回答もあり、求人数の増加への期待感を持ちつつも、同時に競争が激しくなる懸念も持っていることがわかる【図5】。

【図4】新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことによる変化(単一回答)

【図5】ワクチン接種が進むことによる「仕事探しの意欲」の変化-その理由(自由回答)

◆ INDEX

  1. 求職状況
  2. 今後の求職予定
  3. 新規就業状況
  4. 新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことによる変化
  5. 東京オリンピック関連の仕事の印象と応募有無
  6. 雇用形態別の就労意識・働き方などのイメージについて
  7. エリア別集計
  8. 職種区分について

詳しくはPDFデータをご覧ください

同一調査一覧

調査・データ

非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査(2021年5-6月)

調査・データ

非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査(2021年3-4月)

調査・データ

非正規雇用に関する求職者・就業者の活動状況調査(2021年1-2月)

同一調査一覧をもっと見る

閉じる

同カテゴリの調査一覧