マイナビ キャリアリサーチLab

2021年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

地元就職希望率の全国平均48.7%で、10年前から14.6pt減少
働く場所が自由になった際に、約半数が地方での勤務・居住を希望する結果に

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2021年3月卒業予定の全国の大学生、大学院生(7,263名)を対象に、「マイナビ 2021年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表しました。

調査概要

内容 マイナビ 2021年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査
調査期間 2020年3月18日~4月6日
調査対象 2021年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生
調査方法 3月18日時点のマイナビ2021の会員に対するWEBアンケート
有効回答数 7,263名

TOPICS

 卒業した高校の所在地と、最も働きたい都道府県の一致率(以後、地元就職希望率)は48.7%(前年比1.1pt減)と、前年をやや下回った。10年前にあたる、2012年卒学生の地元就職希望率(63.3%)と比較して14.6ptの減少となる。2012年卒の地元就職希望率からの減少幅が大きかった上位3エリアは、東北(24.7pt減)、甲信越(20.8pt減)、中国(20.5pt減)だった。進学状況別でみると、地元大学に進学した学生(以後、地元進学者)の地元就職希望率は69.7%(前年比0.3pt増)、地元外の大学に進学した学生(以後、地元外進学者)は30.9%(前年比2.5pt減)となった。いずれも、この10年で減少傾向にある。【図1】

地元企業(Uターン先企業含む)がWEBセミナーやWEB面接を実施している場合、その企業への志望度が高まるかを聞いたところ、「WEBセミナーを実施していると志望度が上がる」と回答した学生は53.3%と、前年比で13.0pt増加した。地元進学・地元外進学によらず同様の回答傾向がみられた。今年は新型コロナウイルス感染拡大を抑止するため、対面の機会が制限されてしまった。WEBセミナーを実施する企業は、『企業理解の場を提供してくれている』と判断され、志望度向上に寄与したのではないかと推察される。【図2】

新型コロナウイルスの感染拡大を契機として各企業がテレワークおよび、リモートワークを推進している。働く場所が自由になった際の、理想の勤務地・居住地域を「地方」「都市【東京以外】」「東京」の3分類に分けて聞いたところ、勤務地の理想は「地方(47.2%)」、「都市【東京以外】(32.6%)」、「東京(20.2%)」となった。居住地域については、「地方(54.8%)」、「都市【東京以外】(30.1%)」、「東京(15.1%)」だった。『働く場所が自由になる』という条件の下では、学生の2人に1人が地方での勤務や居住を希望している。詳しく見ると「地方の企業に勤め、地方に住みたい」と回答する割合が34.1%と最も高く、次いで、「都市【東京以外】の企業に勤め、地方に住みたい(15.1%)」、「都市【東京以外】の企業に勤め、都市【東京以外】に住みたい(15.0 %)」となった。【図3】

有効回答数内訳 文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 総計
人数 1,320 3,408 1,160 1,375 7,263

同一調査一覧

調査・データ

2023年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

調査・データ

2022年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

調査・データ

2021年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

調査・データ

2020年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

調査・データ

Uターン・地元就職に関する調査(20年卒以前)

履歴書

調査・データ

2019年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

調査・データ

2018年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査

同一調査一覧をもっと見る

閉じる

同カテゴリの調査一覧