マイナビ キャリアリサーチLab

転職後の仕事に満足している人が重視したのは「勤務地」「生活のゆとり」。一方、転職後の仕事に満足していない人は「給与の良さ」。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、現在正社員として働いており、2016~2018年に転職した20代~50代の男女1,000名を対象に、転職者の傾向や変化を調査した『マイナビ 転職動向調査2019年版』を発表しました。

調査概要

内容 マイナビ転職動向調査2019年版(2018年実績)
調査期間 2019年2月21日~2月25日
調査対象 正社員として働いている20代~50代の男女のうち、2016~2018年に転職した方
調査方法 インターネット調査
有効回答数 1,000名(2018年転職者500名、2017年転職者250名、2016年転職者250名)

◆TOPICS

・20代~50代男女の転職率は過去3年間で微増し、2016年は3.7%、2017年は4.2%、2018年で5.3%だった。特に、20代男女の割合が年々増加している。転職に関して、「前向きな行動である」と約6割が回答し肯定的に受け入れられている。20代では男女とも7割以上が肯定派。【図1】【図2】

・転職後の仕事に満足している人が入社を決めた理由はトップは「希望の勤務地である(57.1%)」、次に「休日や残業時間が適正範囲内で生活にゆとりができる(56.4%)」が続いた。一方で、仕事に満足していない人が入社を決めた理由で最も多かったのは「給与が良い(33.3%)」となった。【図3】

・各年代の仕事のやりがいとしては、20代・30代は男女ともに「スキルアップ・自己成長を実感する」がトップ。男性40代は「自分の裁量で仕事を進めることができる」、女性40代は「スキルアップ・自己成長を実感する」「昇給・昇進する」の同率、男性50代は「責任のある仕事を任される」、女性50代は「スキルアップ・自己成長を実感する」がトップだった。【図4】

◆INDEX

1,正社員転職率、転職活動を始めた理由
2,転職関連サービスの利用状況、転職時の相談相手
3,入社決定に強く影響したこと、転職後の変化
4,転職前後の業種・職種・従業員規模・年収変化
5,転職に関する考え方、仕事のやりがい

詳しくは下のPDFデータをご覧ください

バックナンバー

履歴書

調査・データ

転職動向調査2018年版(求職者ニーズ調査)

履歴書

調査・データ

転職動向調査2017年版(仕事の価値観に関する調査)

履歴書

調査・データ

転職動向調査2017年版(転職に関するイメージ調査)