マイナビ キャリアリサーチLab

2020年卒大学生就職意識調査

学生の企業選択のポイントは「安定している会社」がトップに

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、「2020年卒マイナビ大学生就職意識調査」を発表しました。本調査は、学生の就職意識や就職活動全体の動向を把握することを目的に、毎年実施しています。調査結果の概要は以下の通りです。

調査概要

内容 マイナビ 2020年卒大学生就職意識調査
調査期間 2018年12月1日~2019年3月21日
調査対象 2020年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生(調査開始時点)
調査方法 WEB入力フォームによる回収
有効回答数 48,064名

TOPICS

学生が企業選択する際のポイントは「安定している会社」(39.6%、前年比6.6pt増)がトップ

学生の企業選択のポイントに関する調査について、「安定している会社」(39.6%、前年比6.6pt増)が「自分のやりたい仕事(職種)ができる会社」(35.7%、前年比2.4pt減)を抜き、2001年卒から開始した集計方法以来、初めてトップになった。また、男子については4割を超える結果となっている。

その他、前年よりも数値を伸ばした項目として、「給料の良い会社」(19.0%、前年比3.6pt増)や、「休日、休暇の多い会社」(12.2%、前年比2.1pt増)があり、安定を求めるとともにワークライフバランスが成立するような職場で働きたい傾向が読み取れる。

・推移(01年卒~20年卒)
・企業選定のポイント(前年比)
【図2】学生の「就職観」回答月推移(上位抜粋)
※グラフ内の数値は該当する月に回答した学生における割合

大手企学生が行きたくない会社は「ノルマのきつそうな会社」がトップ(34.7%、前年比3.8pt増)

学生に行きたくない会社について聞いたところ、19年連続1位であった「暗い雰囲気の会社」(28.5%、前年比3.3pt減)を抜いて、「ノルマのきつそうな会社」(34.7%、前年比3.8pt増)がトップになった。こちらも、2001年卒から開始した集計方法以来、初めてのことになる。

また、「転勤の多い会社」(23.6%、前年比3.7pt増)が「仕事の内容が面白くない会社」(18.4%、前年比2.4pt減)を上回る4位となり、3位の「休日・休暇のとれない(少ない)会社」(24.9%、前年比0.5pt減)に迫る勢いだ。

仕事内容の充実さ以上に、希望の勤務地や自分のペースで働ける企業を好む傾向があり、企業選択で重視するポイントとも通ずる結果となった。

・推移(01年卒~20年卒)
【図4】学生の企業志向について
・行きたくない会社(前年比)

有効回答数内訳 文系男子 文系女子 理系男子 理系女子 総計
人数 13,341 19,811 8,789 6,123 48,064


同一調査一覧

調査・データ

2022年卒大学生就職意識調査

調査・データ

2021年卒大学生就職意識調査

調査・データ

2020年卒大学生就職意識調査

大学生就職意識調査(20年卒以前)

調査・データ

大学生就職意識調査(20年卒以前)

調査・データ

2019年卒大学生就職意識調査

調査・データ

2018年卒大学生就職意識調査

調査・データ

2017年卒大学生就職意識調査

同一調査一覧をもっと見る

閉じる

同カテゴリの調査一覧