マイナビ キャリアリサーチLab

中途採用状況調査2019年版(2018年実績)

人材不足を感じている企業は64.7%。1次面接から内定を出すまでの平均日数が「2週間未満」の企業は56.0%で、人材確保を目的に選考期間が短縮傾向に

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、全国の民間企業等を対象に、中途採用状況とその傾向を調査した「中途採用状況調査2019年版(2018年実績)」を発表しました。なお、本調査は今年で7回目となります。

調査概要

内容 中途採用状況調査2019年版(2018年実績)
調査期間 2019年1月15日~1月21日
調査対象 直近1年間(2018年1月~2018年12月)に中途採用活動実績のある企業
調査方法 インターネット調査
有効回答数 1,000名

◆TOPICS

2017年と2018年を比較し中途採用の実績が「増えた」という企業は全体の40.1%で、「減った(17.7%)」と回答した企業より高い結果に【図1】。一方で、人材が不足していると感じている企業は64.7%で、採用数は増えているものの人手不足感は解消されていない【図2】。

人手不足の中でも選考基準を前年よりも甘くした企業は経験者・未経験者ともに2割を切った。業種別では「運輸・交通・物流・倉庫」業界が、未経験者採用において「選考基準を前年よりも甘くした」と答えた数値が31.9%で、唯一3割を超えた。

1次面接から内定を出すまでの平均日数について聞くと、「2週間未満」が56.0%となり、2年連続で増加。平均では15.1日となった。他社よりも早く人材を確保したいという狙いから、選考フローが年々短くなっている。

◆INDEX

1,人材の過不足感、中途採用実施理由
2,各フェーズの平均人数、面接無断キャンセル率、内定辞退率
3,中途採用選考基準、採用予算
4,中途採用で効果のあった手法
5,次年度の採用見通し

同一調査一覧

調査・データ

中途採用状況調査2021年版(2020年実績)

調査・データ

中途採用状況調査2020年版(2019年実績)

調査・データ

中途採用状況調査2019年版(2018年実績)

調査・データ

中途採用状況調査2018年版(2017年実績)

調査・データ

中途採用状況調査2017年版(2016年実績)

調査・データ

中途採用状況調査2016年版(2015年実績)

同一調査一覧をもっと見る

閉じる