マイナビ キャリアリサーチLab

企業人材ニーズ調査2016年版

採用意欲は新卒中心に高まる傾向。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、採用担当者を対象に調査した、「企業人材ニーズ調査2016年版」を発表しました。

◆ 調査概要

内容 企業人材ニーズ調査2016年版
調査期間 2016年12月1日~12月27日
調査対象 ・新卒採用人事担当者支援サイト「新卒採用サポネット」会員及び中途採用人事担当者採用支援サイト「中途採用サポネット」会員にメールマガジンにて案内した採用担当者
・弊社とお取引のある企業様にメール・ご協力依頼状の手渡し等を通じて案内した採用担当者
調査方法 インターネット調査
有効回答数 1,293名
(上場 142社・非上場 1,151社|製造 478社・非製造815社)
(300人未満 967名・300~999人 271名・1,000人以上 55名)

◆ TOPICS

  • 新卒採用対象としている専攻は業種ごとに特徴あり。、文系は「経営・管理・ビジネス系」が上位
  • 既卒者・第二新卒については、それぞれ4割近くがエントリーがあれば積極的に回答したいと回答
  • 採用にあたって、正社員(新卒採用)は「対人スキルを重視」する傾向が高い。正社員を採用の際最も着目する「社会人基礎力」は、新卒採用・中途採用ともに「主体性」。
  • 正社員の「男女比率」改善/障がい者の雇用比率改善のためのアクションをとった企業は全体の3割程度。

◆ INDEX

1,<雇用形態別>採用意欲と採用実績と今後の採用ニーズ
2,既卒者採用・第二新卒について
3,<雇用形態別>雇用人材決定のポイント
4,女性活躍推進・障がい者雇用推進について
5,採用費について・業種対応表

同一調査一覧

企業人材ニーズ調査2020年版

調査・データ

企業人材ニーズ調査2020年版

企業人材ニーズ調査2019年版

調査・データ

企業人材ニーズ調査2019年版

企業人材ニーズ調査2018年版

調査・データ

企業人材ニーズ調査2018年版

企業人材ニーズ調査2017年版

調査・データ

企業人材ニーズ調査2017年版

企業人材ニーズ調査2016年版

調査・データ

企業人材ニーズ調査2016年版

同一調査一覧をもっと見る

閉じる