マイナビ キャリアリサーチLab

中途採用・転職 総括レポート 2023年版(2022年実績)

2022年の求人件数・転職率はコロナ前を上回って推移
企業・求職者ともに積極的に活動し、今後も活発化していく見通し

株式会社マイナビは、2022年における中途採用・転職市場を3部構成でまとめた、「中途採用・転職総括 レポート2023年版(2022年実績)」を発表した。第1部は「雇用市場の概況」、第2部は「企業の中途採用状況」、第3部は「求職者の動向」についてまとめている。

◆ TOPICS

雇用市場の概況

  • 2022年の有効求人倍率は1.28倍(前年比0.15ptプラス)。前年と比べ求人数が大きく増加し、有効求人倍率も上昇した【図1】。

  • 正社員の不足感はほぼコロナ前と同等の水準に。業種別で見ると特に「医療、福祉」 「建設業」 「運輸業、郵便業」 「情報通信業」で人材不足の傾向が強い【図2】。

【図1】有効求人数、有効求職者数および有効求人倍率の推移

有効求人倍率_中途総括
出典:厚生労働省 一般職業紹介状況 パートタイム含む実数

【図2】雇用人員 判断D.I.(「不足」-「過剰」)ー正社員等 5月時点の年推移

雇用人員 判断D.I._中途総括
出典:厚生労働省「労働経済動向調査」

企業の中途採用状況

  • 2022年の求人掲載数は前年を上回り、企業の正社員採用活動はさらに活発に実施されていた。【図3】。

  • 今後の企業の中途採用活動はさらに活発化。未経験者採用にも力を入れ始める企業も徐々に増える見通し【図4】。

【図3】マイナビ転職 掲載求人件数推移(2018年平均を100%とした)

求人件数_中途総括
出典:マイナビ「正社員求人の掲載数・応募数推移レポート」

【図4】今後(2023年)の中途採用の見通し

今後の見通し_中途総括
出典:マイナビ「中途使用状況調査2023年版(2022年実績)」

転職者の動向

  • 2022年の正社員の転職率は、2016年以降最も高い水準。正社員の転職率は前年をさらに上回り7.6%と、転職活動が積極的に行われていた様子がうかがえる【図5】。

  • 新しい面接・選考手法(WEB面接/動画エントリーシート・動画選考/AI面接)の経験率は年々上昇【図6】。

【図5】正社員の転職率(20-50代)

転職率_中途総括
出典:マイナビ「転職動向調査2023年版(2022年実績)」

【図6】各面接・選考手法の受験経験と実施企業への受験意欲への影響

各面接・選考手法の受験経験_中途総括
出典:マイナビ「転職動向調査2023年版(2022年実績)」

まとめ

まとめ_中途総括

◆ INDEX

第 1 部.雇用市場の概観 ・・・ P.4~7

第 2 部.企業の中途採用状況 ・・・ P.9~15

第 3 部.転職者の動向 ・・・ P.17~23

同一調査一覧