マイナビ キャリアリサーチLab

用語集 就活関連キーワード

キャリアアンカー理論きゃりああんかーりろん

キャリアアンカー理論とは、アメリカの心理学者エドガー・ヘンリー・シャインが提唱する、人がキャリア形成を行う際の「軸」を明らかにするための理論。
キャリアアンカーは「動機(どんな仕事がしたいのか)」「コアコンピタンス(自分は何が得意なのか)」「価値観(何に価値を感じるのか)」という3つの要素が重なる部分を指す。

本人にとっては譲ることができない価値観や欲求、10年以上の経験などをベースに形成される。
過去の蓄積が元になっていることから時間の経過による変化はほとんど無く、学生の自己分析や適職診断に有用であるとされる。

関連記事
適職発見に役に立つ、キャリアアンカー理論とは?